楽しい日常日誌 ~詩的否私的日常日記 ~

隠れblogにするつもりでしたが、<私的日常日記>にしました。でも、ネットの私的って,一体なんだ!? 
by HIROKO_OZAKI1
カテゴリ
全体
趣味
短歌と短歌論
古典
読書
暮らし
おでかけ
話題
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
http://www.itoen.co.jp/new-haiku/18/kasatoku03.php

賀川豊彦の詩集 

 私はキリスト者ではないのだけれど、ふとしたきっかけでこの人の詩集と歌集を読んでみたいと思ったのだった。賀川豊彦。徳島県出身のキリスト教社会運動家、社会改良家。
 キリスト教的な人道主義に基づく文章からは、対象としていた当時の時代の状況、特に庶民や貧民の状況が、本当に嫌になるほどよく伝わってくる。

 詩集『涙の二等分』が編まれた時代は、戦後すぐの時代の日本。
その序文を、「人道主義の詩」というタイトルで、与謝野晶子が書いている。

 「日本人の生活は大戦の後の世界的激変に刺激されて、現に最も喜ぶべき本質的の動揺を起し、こ の動揺の中から、破天荒な道徳的秩序と経済的改革とを生み出さうとして居ます。かう云ふ時代に 必要なのは、聡慧な指導者であると同時に熱誠な実行化を兼ねた人材です」「忌憚なく云ふと、最 近の社会問題に触れて指導者となり実行家となって居る人達には概して芸術思想の教養が稀薄であ るやうに見受けられます。言ひ換れば、その人達の熱情が根柢を世界人類の愛に置いて居ると思は れる所が少なく、その人達の言動が粗硬な野生に留まって、芸術思想からにじみ出る香味とデリカ テとを欠いて居るやうに見受けられます。かう云ふ事を以て社会改造家の資格に望むのは余りに十 全を求める嫌ひがあるかも知れませんが、多少でも芸術に由って深められた命の持主にあっては、 さう云ふ人達と或処までは共鳴しながら、其れ以上はどうしてもしつくりと一致し難いと云ふ遺憾 を抑へることが出来ません。
 之に反して、同じ社会改造家の中でも、私が堺利彦さんや河上肇さんの言論に愛着的な一種の離れ 難い親しさを持つと云ふのは、二家の言論に詩があるからです。」

<言論に詩がある>

 ここで私は、近藤芳美が<歌の良し悪しは「詩である」かどうかである>と書いていたことを思い出す。言論とは違って、歌は個人的なものでありながら公のものでもあるけれども、まあそういうことなのだろうと思う。

いろいろな詩があるけれども、『涙の二等分』から、七五調的な美しい詩を引用しておく。

  塑像への恋

 これは秘密の 秘密です、
 知つてゐる人は
 神様と私と、
 胸の奥の その奥に
 隠して こがれて 困つてゐます。
 眼と 膚に 呪れて
 恋に やつれた 私の姿
 胸に隠した 恋故に、
 魂ばかりの 息します。

 肉のよろこび 知つてますよ、
 刹那の 後を どうしましやう。
 つまり私は 消えない 幻想―
 プラトーの様な 恋がしたいのです。
 恋の味い 知つては居ます、
 甘いうれしい ものですね、
 そうかと云つて 私は
 とうの 昔に
 中性に 強い恋をしてゐます。
 (男と女の愛には 飽きました)

 魂と 魂の 恋ですよ、
 眼と 眼の 恋ですよ、
 そうです 私の恋人は
 実は ロダンの「スプリング」です。

 「春」です「春」です
 あの石の塊を
 私は恋してゐるのですよ。

この詩人は、もちろん幸せな結婚をして、貧しい暮らしを選び投獄されたりしながらも家族をきちんと持っているのだけれど、こういう詩も書いている。

そして、詩集には、貧民窟を描いた『狂』という詩などもあって、「思つたやうな勉強もできず」「奇跡も起らず 半鐘も鳴らず」「おとめが 死んだ、淫売のおとめが 二十二の馬鹿・・・死んだ!死んだのですよ!そのお父さんも発熱して居るのですつて。あなたにも 伝染りますよ。さあ、お逃げなさい 貧民窟はうるさいでしやう。」「この恐ろしい人間の堕落をどうなさいます?」「花柳病患者、足なし、心臓病、足の腐つた男、妻を淫売に出す男、高利貸、木賃宿、ああ 恐ろしい」といった言葉が連ねられていて、相当嫌な気分を抱いていたのをそのままきちんと(?)表現されている。
この二つの詩だけを並べるのはよくないと思うのだけれど、とりあえずの覚えとして。
ところで、作者には、宗教者、活動家、学者、作家として知られていて著作もたくさんある、本人の言によれば、

 「私は詩の外に書けない男であるかもしれぬ。私はそれが上手、下手と云うことを離れて、私の胸 の渦巻に、そうした旋律の外、感ずることが出来ないのでもある。私に取っては、科学も、哲学
 も、宗教も、経験も、生活も、凡てが詩になる。内なるものは内なるものの生命の詩となり、外  なるものは表象の詩となる。」(詩集『永遠の乳房』序文)

ということであった。

現代の日本にこういう人が出て来ないというのは、ある意味時代が必要としていなかった、ということかもしれない。だから、幸福なことだったのかもしれない。でも、これからの日本がどうであるかは、わからない。
[PR]
by HIROKO_OZAKI1 | 2015-12-26 22:26 | 短歌と短歌論
<< 12月に読んだ雪の歌集~①『ゆ... 新宿御苑 吟行 2015.11.8. >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧