楽しい日常日誌 ~詩的否私的日常日記 ~

隠れblogにするつもりでしたが、<私的日常日記>にしました。でも、ネットの私的って,一体なんだ!? 
by HIROKO_OZAKI1
カテゴリ
全体
趣味
短歌と短歌論
古典
読書
暮らし
おでかけ
話題
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
http://www.itoen.co.jp/new-haiku/18/kasatoku03.php

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「石垣島2013」 光森裕樹

 31枚の透明のカード(5cm×7.2cm)に、4.4cm四方のカラー写真と短歌が
印刷されている。スライドか、小型デジタルカメラの画像のイメージである。
 写真、絵、音楽、その他のものと短歌とのコラボレーションは、今ではまったく
珍しくないが、この形は初めてかもしれない。
 そういえば、雑誌の付録のカード(なんか箴言集のようなものだった)や、
チョコレート菓子のおまけのフェアリーのカード、お茶漬けに同封された広重の
浮世絵や西洋画を集めていたことがあった。
どこか懐かしい気がしたのはそのせいもあるのかもしれない。 

 短歌は、歌が描くものをどの程度共有できるかで受け取り方も感動も変わる。
写真によって短歌のイメージが規定されることの長所短所はいろいろあると思うが、
これはこれで、静かにたのしめば良いのだろう。

 ブーゲンビリア葉を咲かせをり才能はただしくきよく無駄遣ひせよ

 みづのなかで聞こえる声は誰の声こぷりと響めばぷこりと返し

 壁掛け時計にみづ満ちてをり此の島が生まれ故郷になることはない

 海への道なめらかに反り海沿ひの道へと変はります 元気です

 嘘を吐くときには旅するごとく吐く日暮れてのちを残る海光

 飛んでゐる蝶こそ止まつてゐますねとたのしげなれば頷いてをり

 雨なかに得る浮力ありいつよりか遠い何処かは此処だと決めて

 島そばにふる島胡椒さりしかりさりと小瓶を頷かせつつ

 うなぞこの砂紋と指紋が一致する祖先が陸にあがつた島で

 小さな箱に大切に収められているのは、2013年の石垣島、豊かで美しい
島の風景である。
歌人本人の姿あるいは多くの石垣への移住者とどの程度オーバーラップさせて
読んでよいかよくわからないのだが、ここには静かに生きることを選んだ人々の
現在が、ひっそりと収められている。
 もちろんこれは作者本人の意図とは別のもので、あくまで読み手である我々の
問題としておきたいのだが、話題になっている、永井佑の「日本の中でたのしく
暮らす」や、堂園昌彦の「ぼくたちはなぜ死ぬのだろう」「通勤するね」という、
遠くに避難することを選ばない、とどまることを選ばざるを得ない多数者たちの
つぶやきのような文言と、あるいは対極のものとして捉えることができる。
(そして私はといえば、その両方に、属している。)

 小さな小さなこの形状は、まことにそれにふさわしいものであるように思えて
きたのである。
 
 手作り、という同じシリーズには、ガラパゴスのものもある。

a0019168_9403361.jpg


(2014.2.9.レヴューの会)
[PR]
by HIROKO_OZAKI1 | 2014-02-10 23:17 | 短歌と短歌論

最近読んだ歌集から 『鴨背ノ沖ノ石』 角田純

『鴨背ノ沖ノ石』 角田純 (不識書院・2013年9月発行)

2005年に発行された第一歌集 『海境』 につづく第二歌集。

いわゆる<現代短歌>は、ほんの数十年前にまでも戻れぬほどの素材と言葉の
変遷にさらされているのだ、なんて認識をしかけている時に、この歌集を開いて、
いや決してそういうことでもないのかもしれない、と、少しほっとしたような感覚を
覚えたのである。

マスコミに触れてばかりいると錯覚しがちだけれど、都会だけが日本ではない
ことは、地図を見てその面積を確認したならすぐにわかることだが、日本中に
存在する個人がそれぞれに歌う短歌は、時にそのことを実感として知らせて
くれるのだ。


 稜々とうねる海面のうなばらの蒼くし立つる冬の叢雲 
 鳥のこゑはふかく籠もりてひややけき藪にしづもる湿地の素水(さみづ)
 鳥発ちてやがてかがやく不在かな。―朧に見ゆる薄しら波
 ゑのころのそよぐ向かうのうなばらの蒼く霞める島影ふたつ
 野葡萄のその実のくろく末枯れたる邃(ふか)きなだりの朝のあま霧


旧仮名、旧字、選び抜かれた文語的な文字と正しい文法によって用いられる
古語によって描き出されるのは、おそらく昔から変わっていないであろう、
作者が暮らす土地の風景である。
それは、一首をものにするために一見さんのように自然の中に吟行にでかけて
作られたような類のものではなく、作者の存在と切り離せないものとして、深い
愛着とともに存在しているように見える。そして、対象を、うらっつらばかりでは
ないやり方で凝視して、作品に昇華している。
 
うすき玻璃ひかり洌たく還しをりゆふべ来てゐる鷲を映して
 沼川を跨ぎてふとき鋼管はかげを延ばしぬ朝のみなもに


そんな自然の風景の中に、つつましやかに出現する、<玻璃><鋼管>と
いった人工の景物。これを、近代の風景が自然の中に現れはじめた時期の
感動を追体験する形で読むことができてしまうというのは、今の時代、ちょっと
ぜいたくですごいことであるかもしれない。

 鷲がゐてあゆむ干潟のひそけさに。―化学工場調整池は
 ふかき深き闇のやうなる夕闇がワタクシノ舟ヲ蒼く濡ラシタ
 ヒトモトノ木デアリシ日の憂鬱ナ夕暮レガ来テ濃緑ノ舟ヲ


などは、整った歌群の中で読むならば、斬新な試みとして読むことができよう。
もちろん現代短歌の中では、まったく珍しい手法ではないのだが、時々そうした
歌が混じるのことで、落ち着きすぎた歌集のほどよいアクセントとなっている。

カタカナによる歌は、ひらがなとはまた違った効果があり、ずっとこのような
調子で歌集が進むのだろうか、と思い始める歌集中盤にこれらの歌群が入る
ことで、読者を飽きさせない。
歌の作りも冒険的だが、構成にも、工夫が凝らされているのである。

そんなノスタルジックな風景は、時に出来すぎなくらい、寂しかったり
うつくしかったりする。叙情と言ってしまってよいのかどうかわからない
のだが、定型の言葉が、本当に上手い。そして喩はひたすら、海辺の
事物に、多く関わっているのである。

 手放したものが彼方に消えてゆくもう此処よりは濁るほかなく
 ただ其処に無用の空をあらしめてうす闇に咲く雪の蘆群
 ふるき記憶が匂ふ夕ぐれ(モウ其処ニ帰ラナイツテ言ツテタ人ハ)
 にがきみづ振り撒くやうに降るひかり街のあくたの朝霜の上に 
 昨夜(よべ)遠く呼びいだしたる紅の舟。―鋭き軸先もちてたゆたふ 
 森ふかく舟を漕ぎ出す、しじまなる大禍時をさわだてながら
 舟といふほそき器は波の間にいざよひつつも渉りゆくかな
 わが古りし舟を浮かべて瀬を渉る青くさやけきあさの薄雲
 幾つものゆめの浅瀬にくるしんでゐるときそこに朝はきてゐた
 方舟のやうな廃墟があらはれてさびしく畢る薄明のゆめ
 過去(すぎゆき)はあはく滲みてあかときの汀の馬をほのか照らせり


歌集後半にみられる次の歌は、聖書等に連想を得た作品。

 かたちなき磐に形態(かたち)を与へゆくじかんの井戸の蒼き深水 
 かげをもて影を捉へよ移りゆく日射しは闌(た)けて粗き石組


歌集タイトルになっている歌は、

 海図には「鴨背ノ沖ノ石」と記されて鴨背の島の南南西に

なるほど、海図なのだ。作者の心象のダイレクトな表現とも見えるカタカナの
使用は、この海図というテキストにも用いられていたものであったのだ。
あとがきにも、ちゃんとそのことは説明されており、

  西行の『山家集』のなかに、「もののふの馴らすすさびはおびただし有磯の退り
 鴨の入れ首」という、この時代の王朝和歌にはない、即物的でたけだけしい歌が
 ある。北面の武士、佐藤義清が顔を覗かせている一首である。
  瀬戸内海、「鴨背島」という極めて小さな島があって、その島の南南西の方向、
 わずかばかりのところに「鴨背ノ沖ノ石」という暗礁がある。この、海図の上でしか
 確認できない隠れ者と、西行の歌のなかの「有磯の退り鴨の入れ首」が、いつの
 頃からか妙に親和するように思われだした。
  この集のなかに多く収められている、海をモチーフにした歌は、私の日常を取り
 まく身近な海景であるとともに、この「鴨背島」を含む、伊予灘から安芸灘にかけて
 の海域であって、また私の原風景でもある。

余計なことを少し。
角田さんは、2000年代に未来短歌会の会に参加されるようになったの
だが、同じ時期に参加された資延さんと二人、<壮年の男性が、しかも
あ岡井隆先生のカルチャー受講生から参画された>と大いに話題になった
のだった。第一歌集の出版記念批評会もお二方同時に開催されていた。

裏話になってしまうけれども、岡井先生は、編集会か何かの場で、
角田さんについて、「舟のね、ペンキを塗ったりしているんだって」と、
おそらくご本人の自己紹介そのままだったのだろうと思うのだけれど、
その場のご婦人がたに向かって、おっしゃられたのである。
本当に言葉のままに受け取った私は、あの大柄な男の人は、いつもは
四国の海辺で舟のペンキを塗ったりしている、船乗りさんか、漁師さんなの
だろうか、と、しばらくの間、本当にずっと思っていた。
舟に関わる職業として、造船かそのような会社の経営に携わってられると
人づてに知ったのは、松山で未来短歌会の夏の大会が開かれた頃のこと
である。なんて乏しい想像力であったかと自分であきれてしまう。
角田さんは、松山大会の実行委員会の主力メンバーとして、大活躍をされていた。

また、略歴によれば、現代美術、建築の分野にいらしたことがあったという
ことであった。

(2月11日しるす)
[PR]
by HIROKO_OZAKI1 | 2014-02-08 19:16 | 読書

最近読んだ歌集から 『冬の秒針』 佐藤晶

歌集を、送っていただいた時は、大体すぐに読み始めさせていただくのですが、
最後まで読み終えたり、途中になってしまったりしているうちに、印象だけで何かを
書いて送るということがしにくくて、そのままになってしまうことも多いのです。
お詫びの気持ちを込めて、しばらくの間、ここ1-2年の間に読ませていただいた
歌集一冊ずつの感想を、綴らせていただこうと思います。

歌集 『冬の秒針』 佐藤晶 (ながらみ書房、2012年8月発行 「井泉叢書12号」)

略歴によると、著者は、1970年神奈川生まれ。
中世文学を専門として、名古屋大学大学院後期課程を修了し、
職業も、京都の大学の研究教育職。井泉短歌会編集委員。
2013年7月に、名古屋市内で批評会が開かれている。

作者が専門家だからというわけではないけれども、ちょっと構えて、
インターネットで読める評を探してみた。
(もちろん、本当は活字になったものを検証しなくてはならないのだろう
けれど。それをやっているとどんどん日記が遅くなるので。)

・松村正直氏のブログ「やさしい鮫日記」
http://matsutanka.seesaa.net/article/387139184.html
批評会の様子がわかる。ただ、このシリーズのブログは近々閲覧が
できなくなり、別のところに移行するらしい。やはり紙による出版よりも
数段手軽なメディアには、いろいろ穴があるようだ。
また、ブログ内で記事を探すのが本当に大変だった。
松村氏には、「未来」誌で作品の評をいただき、かつて「ゾゾリゾーム」
という結社内同人誌で、私の第一歌集について書いていただいたこと
があったので、根気よく探しながら読むことはできたようなものなのである。

・砂子屋書房「日々のクオリア」一首鑑賞 棚木恒寿 
http://www.sunagoya.com/tanka/?p=8919
春日井美学の影響について述べられている。
歌集序文によれば、お母様もまた中部短歌会同人であられたとのこと。

・九大短歌会
http://kyudatanka.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
「二人でいて」という小文の中で、
<さみしいといわないさくらさみしいといわないけやき 光のなかで>
という歌がうつくしく採用されている。
(以下は引用ではなく筆者)
喩とは時に、人としての人格ををおとしめる意図をもって使われるが、
むろん通常はそういうことには気付かないし、評の際にも触れ得ない。
もし、人をおとしめる歌であった場合、その人には本当に失礼だし、
その背景には、その人自身の中に、深い傷が存在する場合があるから
である。この歌の場合、さくらもけやきも作者の知人の誰かのことなどど
ではないだろうけれど、万一そうだとしたら、さくらもけやきも、一緒くたに
されたら、きっと嫌かなと思う。桜も欅も、なめるんじゃないわよ、と思うだろう。
そんな変な感想を持った。そのような、いやみな喩ととれそうでもある歌は、
女性歌人には珍しく(?)、歌集中にはそんなには見あたらないことに、
好感が持てた。
恐ろしい時代である(と私は思っている)中世についての知識を職業とする方、
という先入観を良い方に大きく裏切って、歌集は、あっさりした魅力のあふれる
現代女性の歌で満たされている。

次に、歌集を開いて、よいと思った歌、気になった歌、面白い歌をひいてみる。

 ハイデッガーの<存在>語るきみのシャツは栄螺の内臓みたいにしましま
 たてかけた傘の取っ手の?(クエスチョン)今日は黙ってきみを見送る

「きみ」への相聞の中での喩のおもしろさがずば抜けていて、これはたのしい。
?という記号の使い方。疑問符などと言わないのがよい。
やはりしあわせな情景を思わせるみずみずしい相聞歌はよいのである。

 声挙げたものは省かれ しずけさの粒子となって雪はふりつむ

どこにでもある情景であるが、想像するに大学という場でのことだろう。批判を歌に
する場合、否定的に描いたとしても、提唱することで状況を助長し再生産する場合も
あるから、本当に時代の先端を行く場合は、そういうことを歌にするのも、(確信犯
ではない限りにおいての話だが)、結構勇気がいることであるはずである。

 銀細工の葡萄が腐食してゆくもあるいはわれらの滅びの兆し
 環状高速まわりつづけて行く先をもたないままのわれらのスピード

共犯関係を誘う<われら>という人称。どちらもあわく共感でき、許容の範囲で
あるためか、感情を逆なでしないところが上手い。現代人一般の不安感・閉塞感を
表現している。 

そのほか。

 ホームレス「ヨハネ」という名を与えられ葬られたり街の教会

 とりあえず差し出してみるわたくしの利用価値など興味はないか

 エラー音ばかりの世界 だとしてももう脱出は不可能だから

 木琴の音の澄みゆく秋がきてわれのさびしさコンと鳴らせり

 ビールの泡ぬぐいて語るネオナチの青少年の見分け方など

 春風がふと向きをかえ本日のわたしはわたしの本物だろうか

 内面にかかわりそうな話題には興味ないってふりが礼儀で

 テスト用紙配布する間も教卓の上でささやく冬の秒針

 触れあえばその傷跡が残るだろう桃のようなるわれらのこころ

  
 よくみれば傷ばかりなる大木の幹に雪片触れて消えゆく

 しっているとわかるはちがうかたつむりやわらかき触角そっとのばして

 博物館の土師器も須恵器も口あけて太古の空を呼んでいるらし


(2013年2月しるす) 
 
[PR]
by HIROKO_OZAKI1 | 2014-02-08 17:57 | 読書

卒論がおわった

今年の一月に卒論を提出した。
題目は、「万葉集・高橋虫麻呂の筑波山に関する歌について」。

虫麻呂、常陸国風土記、藤原宇合、長屋王、検税使、節度使、万葉集、
自分が子供の頃には考えられなかったような考古学上の発見、充実した
博物館施設、復元された遺跡、衣裳うつくしい古代劇やドラマ・・・。

故郷である常陸国をあとにして、通信制の学生として在学する奈良大学の
近辺(というよりも奈良市内外や飛鳥、大阪、京都、といった関西文化圏全体
ということなのだが)を歩き回りながら、なんとも満ち足りた時間を過ごしたわけ
だが、これを24時間、生活の主たるものとしてしまったとしたらどうなのだろう、
と考えることも多い。
現代人として生きている私には、土日にこの世界をのぞく程度が、ちょうど良い
のだ、とも思える。

卒論は、最初、虫麻呂の歌

 今日の日にいかにかしかむ筑波嶺に昔の人の来けむその日も

における「昔の人」考、というサブテーマを設定していた。
虫麻呂と筑波山の歌全般についてのまとめが主となったため、本論では
触れるにとどめたが、実は、その部分が最も気になっているのである。

「昔の人」とは、一体だれを指してのことなのか?

<虫麻呂の少し前の時代に筑波に来た官人である>、<この歌が詠まれた
季節は夏なので、少し前の春のことである>、など、諸説様々なのだが、
第一線の学者たちが唱えるその諸説の唱えられ方が、どうも不自然なのだ。
私は、「昔の人」はそのまま「昔の人」、つまり、大和朝廷が日本を統一し始める
その前の時代に、大和に、そして地方に来た人、と普通にとったのである。
それが事実であったかどうかは別として、いわゆる奈良平城京時代に編まれた
記紀・万葉・風土記の時代よりずっと昔の時代のこととして言い伝えられた時代の
人々であると考えるのが、どう考えても普通なのである。
そして、歌人や研究者の不自然なんもの言いは、まさに、その古代への憧憬が、
明治から大正、戦前に至ってのナショナリズムに拍車をかけ、戦争に至らしめた
ためなのではないか、と考えた。戦時中の日本の行為は、風土記や万葉の裏に
現れているひどい状況と如何に似たいたことか。

そして、「今日の日にいかにかしかむ」 とは、決して喜ばしい意味でのみ、
語られているわけではない。
昔の人の楽しさも、今日のその楽しさには及ばない、と一般的には解釈されるが、
それのみを述べているわけでは決してない。だって、時代そのものが決して楽しい
ばかりの時代ではなかったのだから。
その真逆の意味のこともまた、含めていると思われ、つまり、
<今もいやなことがたくさんあるけれども、昔はもっとものすごかったのだ>、
ということをも含んでいる。

それは、虫麻呂がこの地方を詠んだ一連の作品に、「山に登って憂える」長歌が
あることからもうかがえる。先行研究によれば、この登高歌は、国誉め、国見とは
また違った詩歌的側面を持ち、それは、中国のその系譜の詩歌に連なるものと
捉えることができるという。もちろん中国だって、戦乱の連続であった。
中国詩歌の系譜といえば、古代日本においては『懐風草』である。
そこには、虫麻呂の庇護者であった藤原宇合と長屋王の感情的確執もしっかり
反映されている。
宇合は、風土記の執筆者または編纂者とも言われており、長屋王の変で王の邸
宅を率先して取り囲んだ人物。
長屋王の変によって、地方から徴用されて苦しんでいた男女の多くが開放された
というのだから、ドラマチックすぎる。

だが、私は実は既に世の中にすれている。ここで、現代の政治家たちの群像を
思ってしまうのだ。あの人たちを見ていると、民族を同じくする当時の政治家たちが
そんなに魅力的には見えなくなってくるから不思議である。なんだ、昔も今も何
やってるんだ、と思えてしまうのだ。
私の歴史へのロマンチシズムにはすっかり水を差されてしまうのである。

ところで、虫麻呂のこの歌についてはずっと気になっていて、以前、「未来」誌が、
故郷にまつわる万葉集の歌についての文章を会員から集めて掲載した際にも、
この歌を選んで小エッセイを書かせていただいた。
万葉の時代に人々が集い、北への拠点としたこの地が、現在もまた、世界に
直結する第一線の研究学園都市として息づいていることに、私はこの歌そのまま
の感動を覚えていたのである。
だが、その故郷も、東関東大震災によって痛手を負ってしまった。
原発事故の影響は大きく、子どもたちの健康な成長も危ぶまれるような状態。

卒論のあとがきに、私は、故郷へのレクイエムとして綴った、という文言を付して、
結びとした。
[PR]
by HIROKO_OZAKI1 | 2014-02-01 23:23 | 古典


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧